PCF PAYMENT CARD FORENSICS

事故発生時のお問い合せは365日24時間対応

お問い合せ
0120-938-897
HOME 企業情報 PCFについて

PCFについて

PCFは、PCI SSC(Security Standards Council)による、認定フォレンジック調査機関(PFIs)の認定を受けた日本企業として、クレジットカード情報漏えい調査をはじめとする、数多くの調査経験をもとに、事故発生時の初動対応から事後のセキュリティ対策まで、ワンストップで支援します。

PCFの特徴

PCI SSC の承認する認定フォレンジック機関(PFIs)である

24時間365日事故受付

標準サービスとして英語/日本語にて対応

  • 全ての工程を日本人の専門スタッフが対応致します。

事故対応のコンサルティングやシステム強化などもオプションサービスとして対応可能

サービス全体の対応フロー

サービスの全体像

クレジットカード情報の漏えいの可能性がある加盟店やサービスプロバイダは、クレジットカード会社(アクワイヤラ)にレポートを提供します。クレジットカード会社(アクワイヤラ)は国際ペイメントブランドにレポートを提供し、加盟店やサービスプロバイダに対してフォレンジックの調査要請をします。PCIセキュリティ基準 審議(米国:PCI SSC)からPFIsとして承認されているPayment Card Forensicsは、加盟店やサービスプロバイダからフォレンジック調査とPCI DSSアセスメントの依頼を受けて、サービスを提供します。FRONTEOはPayment Card Forensicsに対して、フォレンジック調査のプロシージャ提供、フォレンジック調査用のラボ提供、フォレンジック調査員の派遣をします。国際マネジメントシステム認証機構はPayment Card Forensicsに対して、PCI DSSオンサイトアセスメントのプロシージャ提供、PCI DSSオンサイト評価の受託をします。

PFIs制度の概要

  • 1.カード会社との加盟店契約において、加盟店やサービスプロバイダはカード情報の漏えい事故が起きた際のフォレンジック調査が義務付けられています。
  • 2.今まではペイメントカード情報漏えい事故の際のフォレンジック調査機関は国際ペイメントブランド毎に個別に認定されていました。
    例:VISA→QIRA、MasterCard→QFI
  • 3.2011年3月にフォレンジック調査機関の認定が各ブランドからPCI SSCに移管され、カード情報の漏えい事故発生の際にフォレンジック調査が必要な場合は認定フォレンジック機関(PFIs)が実施することになります。
  • 4.本制度の施行によりフォレンジック調査後の報告書など5つのペイメントブランド(VISA/Master/JCB/American Express/Discover)共通の対応が可能となります。
  • 5.フォレンジック調査の際には、事故発生時におけるPCI DSSの適合状況を同時に明らかにする必要があります。

PCFのサービス

PCFはフォレンジック調査以外にも様々なサービスを提供しています。

FRONTEOとICMSのご紹介

会社名 株式会社FRONTEO
東京証券取引所マザーズ(証券コード:2158)
米国ナスダック(ティッカーシンボル:FTEO)
事業内容 情報漏えいや内部不正等の原因調査を行うフォレンジック調査サービス
国際訴訟におけるDiscovery(証拠開示)支援サービス
実績 不正調査支援 約1,034件、国際訴訟支援 約877件
警察・官公庁及び民間向けトレーニング 累計853名以上
  • 2016年1月末現在
警察等の各種法執行機関へフォレンジックツール販売実績多数
ホームページ http://www.fronteo.com/

会社名 国際マネジメントシステム認証機構株式会社
事業内容 情報セキュリティに関する審査/監査、第三者認証サービスの提供
認定 PCI SSCより認定セキュリティ評価機関(QSAs)として承認
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より JISQ27001(ISMS/ISO27001)認証機関として認定
実績 ISMS認証組織 約70社
PCI DSSオンサイト監査実績企業 約50社
  • 2016年1月末現在
ホームページ http://www.icms.co.jp/